本文へスキップ

プロジェクトの概要INFOMATION

設立趣旨

横浜国立大学光・量子技術研究アライアンスは、横国大の光及び量子技術関連研究グループの横のつながりを作り、研究交流及び共通の成果発信を行うために設立されました。

本学の教員が進めてきた光集積テクノロジー、テラヘルツテクノロジー、バイオテクノロジー、超伝導テクノロジー、厳密計算物理、量子情報物理、精密光計測などの要素技術は、それぞれが極めて独創的で世界をリードする水準であり、海外連携・産学官連携はもちろん大学として組織的に連携することで、さらなる高みへと発展することができます。革新的な計測技術、情報・エネルギー伝達技術、微細加工技術など、様々な要素技術の高度化によりシステムの差別化につながる光・量子技術を産学官連携および国際連携により組織的に推進し、光・量子技術による新しいイノベーションの創出を目指します。

構成メンバー

氏名 所属部局 部門 分野・職名 役割分担等
大野 かおる 工学研究院 知的構造の創生部門 物理科学と知の創造分野・教授 光励起と物質応答などに関する第一原理計算技術の開発と応用
洪 鋒雷(幹事) 工学研究院 知的構造の創生部門・教授 光コムを用いた超精密分光・量子計測
國分 泰雄 工学研究院・知的構造のそう成分門・教授 超大容量光ファイバ伝送技術
小坂 英男(幹事) 工学研究院 知的構造の創生部門 物理科学と知の創造分野・教授 量子情報インターフェースの開発
武田 淳 工学研究院・教授 光ナノ計測技術の開発
馬場 俊彦 工学研究院 知的構造の創生部門・教授 シリコンフォトニクス光集積回路の構築
吉川 信行 工学研究院知的構造の創生部門・教授 超伝導現象に基づく量子テクノロジーによる破壊的イノベーションの創出

活動計画

研究交流及び共通の成果発信を行い、横国大における光・量子技術研究の底上げを図ります。具体的には、このホームページを通じて、研究成果を共通のプラットフォームで発信します。研究交流は、1-2ヶ月1回のペースで研究アライアンス所属の研究室の見学会や講演会を企画します。また、見学会や講演会の写真などをホームページにアップし、研究交流をアピールします。このような活動を通じて、将来、光・量子技術研究グループ間で共同研究や共同プロジェクト提案が生まれることを期待します。